葬儀の方法を選ぶ時代です!横浜での葬儀を考えてる方必読

葬儀の方法を選ぶ時代です!横浜での葬儀を考えてる方必読

数珠

葬儀の方法は一つではありません

葬儀社が提案するサービスは、遺族の声に合わせ多様化しています。遺族、親族だけで見送るのか、知人ともに見送るのかなど人数によっても規模が異なります。その他にも葬儀のかたちを簡略化して行なうのか会場はどこで行なうのかなど、考える事、選ぶことは実は多いのです。横浜で葬儀を行なう方も、葬儀社に相談する前に自身で調べ、故人をどう見送るのか考えてみましょう。

葬儀の種類とは何かを知る

一般葬と呼ばれる方法では、親族、友人のほか、交流のあった多くの方に見送られる事になります。一般葬よりも人数を限定し、より親しい方、親族やご友人を中心にした葬儀の形として家族葬と呼ばれる物もあります。その他にも葬儀場ではなくご自宅で執り行う自宅葬や、お通夜、告別式などを行わないお葬式の方法など、故人や遺族の希望に合わせた葬儀のプランが考えられています。

新しい葬儀のかたち

伝統や習慣にとらわれない葬儀の方法として自由葬や自然葬と言った方法も注目されています。オリジナルのお葬式を行う他にも、従来の儀式要素を取らない無宗教葬も自由葬の一つとされます。死後海や山に眠りたいと言う人の希望に答えるため火葬後、海上で散骨したり野山で埋骨する葬儀など自然葬を希望する人が増えているのです。

選ばれることの多い葬儀のかたちはどれか

no.1

一般葬

現在最も多く行われている葬儀の方法は一般葬と呼ばれるものです。故人と関わりのあった多くの方と故人を見送ることになります。葬儀社にも人数や会場の広さなどによって料金が異なるので、まずは見積もりを取ることを考えましょう。

no.2

家族葬

次に一般葬より小規模な葬儀として家族葬が挙げられます。遺族や故人と親しかった友人など、あまり気兼ねすること無く葬儀を行なうことができます。一般葬と比べ安価なことや、ゆっくりと故人を見送ることができる事などが魅力に挙げられます。

no.3

自宅葬

葬儀場ではなく自宅から見送ってもらいたいと考える人もいます。そういった方には自宅葬と呼ばれる方法がある事を覚えておきましょう。狭いスペースでも可能なことや遺族の料金負担が抑えられる事がメリットとなります。