京都など都市部で永代供養を考えられるかたへの事前知識

供養の仕方を考える

お墓について、管理の負担や無縁墓になった人の話を聞いたことがある人もいるはずです。その中で管理費がかからず、受け継ぐ方がいなくても良いようにと考えられたのが永代供養墓です。

納骨堂と永代供養墓の違い

納骨堂

長期的に遺骨を収める供養の形式として納骨堂があります。これはお墓を立て埋葬するのではなく、建物の中に故人、または一族ごとに遺骨を安置する供養の仕方となります。

永代供養墓

基本的に一代での供養となります。お墓の維持、管理が難しくなってきた現代において、残されてた親族への負担を軽くすることができます。

京都など都市部で永代供養を考えられるかたへの事前知識

お花

親族負担を軽減できます

お墓を新しく立てる費用はかかりますが、年間の維持費などはかからないことが多く、費用を抑えることができ、残された親族への負担が少ない事が特徴です。京都など交通の便のいい地域での供養であれば、ご遺族のお墓参りの負担も軽減できます。

永代供養を約束します

現代では、先祖代々のお墓を維持していく事が難しいと感じる過程も少なくありません。無縁墓になると撤去されることもありますが、永代供養墓では個人ではなく寺院などが管理する為撤去される心配はありません。

宗派に関して

宗派を問わず永代供養を行っている寺院もあります。ただし供養の仕方はそれぞれの寺院などにより異なるため、宗教に沿った供養を希望される方は、管理している寺院の宗派を事前に確認するなど注意が必要です。

永代供養を選択する

費用を抑えることができる、引き継ぐ人がいなくてもお墓が撤去されないなど、メリットを考慮し永代供養を選択しましょう。